自動車リサイクル法に基づく再資源化等の実施状況はこちら
http://www.jarc.or.jp/recycle/results/
リサイクル料金等のご案内

情報管理料金の改定について

自動車リサイクル法への取り組み

2005年1月1日から施行された自動車リサイクル法(使用済自動車の再資源化等に関する法律)に伴い、当社取扱い自動車のシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類の回収などに必要な料金をお客様から預託をうけるリサイクル料金を公表いたしました。

株式会社オートレックスは自動車リサイクル法に沿った処理を確実かつ効率的に実施するために、一層の取り組みを推進してまいります。

主要車種のリサイクル料金
車 種
シュレッダー
ダスト料金
エアバッグ
類料金
フロン類
料金
情報管理
料金
資金管理
料金
合  計
マティス
6,900〜7,100
1,400〜3,700
2,250
130
380
11,160〜13,560
レクストン
11,210〜11,450
2,810〜3,700
2,250
130
380
16,880〜17,910

2012年4月現在 (単位:円/台)

1. 料金は2012年4月現在のものです。仕様の変更などにより車両重量及び、エアバッグ類の個数に差異が生じた場合料金が変更になることがあります。
2. エアバッグ類料金は、エアバッグ及びシートベルトプリテンショナー等の装備数に応じて設定しました。
3. フロン類料金は、エアコン装備の有無によって料金を設定しました。
4. 自動車リサイクル法対象外の架装物の処理費用は、リサイクル料金に含まれません。
5. 当該リサイクル料金は、株式会社オートレックス等の正規輸入業者により輸入された車両が対象です。
6. 資金管理料金は、2004年12月31日以前に登録した車両は480円です。
7. 登録番号(プレート番号)等から車検時等に必要となるリサイクル料金等を照会できるシステムが稼動しています。「自動車リサイクルシステム」につきましては、こちらをご覧ください。
 自動車リサイクルシステム

8.情報管理料金は、2012年4月1日より230円から130円になりました。
9.情報管理料金は、2006年4月1日〜2012年3月31日に登録された車両は230円です。


事業者様へのお支払い料金について

■エアバッグ類取外し回収料金
解体業者様にお支払いする1台あたりのエアバッグ類取外回収料金は、以下のとおりです。

1台あたりエアバッグ装着個数
取外回収料金
1個
755
2個
1,200
3個
1,350
4個
1,500
5個
1,725
6個
1,950
7個
2,065
8個
2,200
9個
2,385
10個
2,500

(単位:円/台、税抜き)

1. 実際の支払いは、1台あたりの取外回収料金をエアバッグ類装備個数で割った金額を支払い単価とし、指定引取場所で引き取ったインフレーター等の個数を掛けた額をお支払いします。一部取外回収・一部車上作動処理の場合は、指定引取場所で引き取った個数に応じた取外回収個数料金と、装備個数から取外回収個数を引いた個数に応じた車上作動処理委託料金をお支払いします。

2. 車上作動処理委託料金については、(財)自動車リサイクル促進センターのホームページにてご確認ください。車上作動処理を行うには、(財)自動車リサイクル促進センター再資源化支援部との委託契約が必要です。

■エアバック類運搬料金
指定引取場所までの運搬料金(持ち込み時の空ケース持ち帰りも含めた往復料金)については、次ののアドレスをご参照下さい。(※)
http://www.jarp.org/pdfs/11/pdf/airbagunpan.pdf
(※)一般社団法人自動車再資源化協力機構ホームページ内のPDFファイルにリンクしています。

■フロン類回収料金
フロン類回収業者様にお支払いするフロン類回収料金は、以下のとおりです。

車種クラス
フロン類回収料金
乗用車等
1,550円(最低額320円)
基準引取り量(g)  270g

1. フロン類回収料金は、基準引取量(270g)以上の回収において定められた料金が支払われます。
但し、基準引取量を下回った場合は、引き取り量に応じて320円〜1,550円(乗用車等の場合)が支払われます。

■フロン類運搬料金
フロン類回収業者様にお支払いするボンベ・パレットあたりの往復運搬料金については、次のアドレスをご参照下さい。(※)
http://www.jarp.org/pdfs/11/pdf/fronunpan.pdf
(※)一般社団法人自動車再資源化協力機構ホームページ内のPDFファイルにリンクしています。